最近のトラックバック

« 日本内科学会雑誌 12月号 診療ガイドラインをめぐって | トップページ | leflunomide for CMV »

クランベリージュースUTI防がず、、CID

Cranberry Juice Fails to Prevent Recurrent Urinary Tract Infection: Results From a Randomized Placebo-Controlled Trial

Clinical Infectious Diseases 2011;52(1):23–30

スタディー・デザインが面白かった。クランベリージュースのプラセボ作ったり、、、食品で病気を治したり防ぐのは大変。

日本のトクホもどんくらいなものかは、これを見ると分かる。けっこう笑いがとれます。

« 日本内科学会雑誌 12月号 診療ガイドラインをめぐって | トップページ | leflunomide for CMV »

journal club」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

「食品で病気を治したり防ぐのは大変。」ですね。
でも、よく考えたら人間の体をつくる材料は口から入るものが
大半のようですので、やっぱり「食」は大事ですよね。

最近はまっていた「植物性乳酸菌が1個につき10億個+カルシウム入り」というお菓子が、トクホにもなっておらず。乳酸菌の死骸が腸にとどいているだけなのかなと。

でも、変な油や過剰な白糖は使われていないようなので、お菓子としては、安心して楽しみたいと思います。(゚▽゚*)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クランベリージュースUTI防がず、、CID:

« 日本内科学会雑誌 12月号 診療ガイドラインをめぐって | トップページ | leflunomide for CMV »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ