最近のトラックバック

« その時代のおかしみ(天皇杯サッカーを観て) | トップページ | ブログ試験的に移行。。。 »

予防接種の新書を読んで欲しい理由

今これを書いている時点で、「予防接種は「効く」のか?」はアマゾンで1061位、同時期に出た「ほにゃららワクチンはいらない」が2806位である。

この順位は率直に言ってとても気になっている。

印税の問題ではない。新書は単価が安く、そのプロポーションでしかない印税なんてぱっとしない。バカの壁みたいにバカ売れしなければ、収入源として大きく期待できるわけではない(バカ売れしてくれても全然迷惑しませんが)。だいいち、本の部数は絶対評価であり、「他の本と比べて」どうこういうことはない。他の本がいくら売れても、それが原因で僕の懐が痛むわけではない。基本、僕は他者との比較に極めて興味がない生き方をしてきており、いまもそうだ。

問題は、知識のラテラリティー、バランスの問題だ。

いま、ワクチンとかインフルエンザとか予防接種でアマゾンで引くと、専門書以外はほとんどすべて「インフルエンザワクチンなんて意味がない」みたいな否定的な煽り本だけである。ホメオパシーもそうだけど、否定的なトンデモ本のほうが圧倒的にマーケット的優位を占めているのである。

そのことを、専門家たちは嘆いている。間違った情報が流布している。トンデモ本が多い。予防接種に対する誤解が消えない。テレビでへんてこな情報が蔓延している、、、うんぬん。

しかし、それに対して専門家たちがどこまでその誤解をとく努力をしてきただろう。

少なからぬプライマリケア医は僕の本を読んで、クールに肩をすくめてこう言った。「なんだ、このくらい俺はもう知ってたよ。この本を読んでも特に新しい知見は得られなかったね、ふん」

もちろんそうである。僕はワクチンの開発者ではないし、ワクチン行政にどっぷりつかっている当事者でもない。「だれもが知っているようなこと」しか知らないしがない感染症屋である。たとえば、なぜ、ポリオのワクチンを輸入できないのか、そのブラックボックス的知見があるわけでもない。だから、「だれもが知っているようなこと」を書いた。

問題は、その「誰もが知っているようなこと」を一般市民はほとんど知らないということである。そして、大多数のプライマリケア医は「一般市民は予防接種について正しい知識を持たず、デマやガセネタばかり信じている。マスメディアは誤解を与えるような情報を流してあおり、その上、、うんぬん」という怨嗟の声を上げるのである。

だから、僕はなんとかがんばって工夫して、僕の本のほうが「なんたらワクチンはいらない」よりも人口に膾炙するよう、しがない努力をしているのである。

それをドンキホーテ的だと嗤うのは簡単だ。自分でもまあ、ラスコーリニコフというより、ジャン・クリストフというより、ムルソーというより、ドン・キホーテであろうと思う。僕はそのことをよしとしているし。しかし、本来ならば愚かなドン・キホーテが孤軍奮闘しなくても良いように、「このくらい俺は知ってたよ」とのたまう方々、僕以上の英知をもった人たちは、そうおっしゃるのなら、パブリックに対してワクチンについて、何か口にしたって良いのではないか、、、なんて僕は思うのである。

« その時代のおかしみ(天皇杯サッカーを観て) | トップページ | ブログ試験的に移行。。。 »

本、映画、その他」カテゴリの記事

コメント

よい本だと思います。ただ対象は一般人なのか一般医家なのか、まあ両方なんでしょうね。発言する医師が不可欠な時代、頑張って下さい。

細かいですか、スティーブ ジョブ「ズ」 と濁点付きます。

すごくいい本だと思います.
専門家は専門家同士での意見交換していれば良い時代はすでに過ぎ去っていると思います.
学会は学会員にのみ情報を提供するのではなく、社会に対する責任などを含めた自らの存在理由を見つめ直してよい時代なのではないでしょうか.

http://blog.goo.ne.jp/kitaguchi-tamuraclinic/e/ca07f954bcbfd72e87a654df7ee79ffb

ご著書拝読中です。お邪魔します。
前橋レポートの全文を読んでいただき、ご著書に15ページにも渡りご見解を述べていただきありがとうございました。

P170の”(理由はよく分かりません)”について、以下に情報提供させていただきます。

◆公開までの経緯について◆
こちらの中段に”■公開までの経緯 ”を簡単に掲載しています。
http://www.kangaeroo.net/D-maebashi-F-view-r-R-no-200408_admin_message.html
---
■公開までの経緯
(前半略)
ただ残念なことに、前橋レポートは、専門誌に投稿されたわけではなく、発行部数も少なかったため、忘れ去られるのを待つばかりの状態になっていました。そこで、前橋レポートをもっと広く知ってもらおうと、カンガエルーネットで全文掲載をすることになったのです。
---

詳細な経緯はこちらに示しています。最初は、トヨタ財団に在庫がなく、一般の者が拝読できない状態であったことから始まりました。
http://www.kangaeroo.net/D-maebashi-F-view-r-R-no-200404_admin_mail.html

なお、調査内容に関しての著作権は前橋市医師会が保有しています。PDFファイルの一部については、カンガエルーネットが著作権を保有しています。ですので、この資料の無断転載を禁止しています。

行政から”丸投げ”された我が子への接種判断の際に、「効果は?リスクは??」と判断に足る情報を得られず、予防接種の迷路にはまり込んで早くも約10年となります。

2007年に検討会で意見を求められた際、2005年の検討会での資料を発展させて作成したPPTです。
http://www.kangaeroo.net/data/bbs/attach/8/7235.pdf

文字や図や話すことなどで、考えを伝えることはとても難しいことで、とても勇気が要りました。しかも医学的に素人の私には専門書の行間は読むことができませんので、あくまでもいちユーザー(ちょっと考えすぎ?)の視点です。

ご著書にあるように”自分の頭で考え、自分の意思で決断する”ことができる人間になりたいと、一個人として思っています。

はじめまして、産婦人科の臨床医をしています。ワクチンメーカーで働いていた主人から、先生の本を薦められ、あっという間に読みました。とても面白く、興味深い内容です、勉強になります。
産婦人科領域でも、共感できる内容です、HPVワクチンだけでなく、ホメオパシー(レメディーの件)など、まさに、です。
これからも、勉強させてください。

はじめまして、産婦人科の臨床医をしています。ワクチンメーカーで働いていた主人から、先生の本を薦められ、あっという間に読みました。とても面白く、興味深い内容です、勉強になります。
産婦人科領域でも、共感できる内容です、HPVワクチンだけでなく、ホメオパシー(レメディーの件)など、まさに、です。
これからも、勉強させてください。

専門家は本書を読むべきである。正しい情報が新書化され安堵するために。
一般市民は本書を読むべきである。自らの情報リテラシーと照らし合わせてその乖離に自覚的になるために。

はじめまして。宮本三郎といいます。
目黒区で勤務獣医をしております。

抗菌薬を少しでも理論的に使用したいと思い、
先生の著書「抗菌薬の考え方、使い方 ver.3」を拝読しました。
まだ途中なのですが、気になることがあったのでどうにか意見を伺いたいと思い、こちらでコメントさせていただきます。

感受性試験について、獣医療ではin vitoでバイオフィルムを作成したうえでの感受性検査が2012年から始まっています。著書の中でもInvitroと生体は違うというように話されていましたが、人医療ではそういう検査はないのでしょうか。またそういう検査の信頼性はいかがなものでしょうか。

お忙しい中、読んでいただきありがとうございました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1038674/38301402

この記事へのトラックバック一覧です: 予防接種の新書を読んで欲しい理由:

» 予防接種の本 [raison d'être の サイドボード]
 この本はわかりやすいのですが、それは私が医者だからのような気もします。誰を対象に書き下ろした本なのかちょっとわかりにくい。一般人が手にするにはちょっと難しいような気もします。一般医家向けの本なんでしょうか?  予防接種を受けるにあたって、怖いという反応は結構多いものです。説得してワクチンする場合もあるんですが、私自身も最近は説得に疲れた部分もあります。説得して無理やり?ワクチンして、万が一、副作用でも出たら偉いめにあいそうです。この本に書いてあるように、医療行為はゼロリスクじゃありません。「この... [続きを読む]

« その時代のおかしみ(天皇杯サッカーを観て) | トップページ | ブログ試験的に移行。。。 »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ