最近のトラックバック

本、映画、その他

予防接種の新書を読んで欲しい理由

今これを書いている時点で、「予防接種は「効く」のか?」はアマゾンで1061位、同時期に出た「ほにゃららワクチンはいらない」が2806位である。

この順位は率直に言ってとても気になっている。

印税の問題ではない。新書は単価が安く、そのプロポーションでしかない印税なんてぱっとしない。バカの壁みたいにバカ売れしなければ、収入源として大きく期待できるわけではない(バカ売れしてくれても全然迷惑しませんが)。だいいち、本の部数は絶対評価であり、「他の本と比べて」どうこういうことはない。他の本がいくら売れても、それが原因で僕の懐が痛むわけではない。基本、僕は他者との比較に極めて興味がない生き方をしてきており、いまもそうだ。

問題は、知識のラテラリティー、バランスの問題だ。

いま、ワクチンとかインフルエンザとか予防接種でアマゾンで引くと、専門書以外はほとんどすべて「インフルエンザワクチンなんて意味がない」みたいな否定的な煽り本だけである。ホメオパシーもそうだけど、否定的なトンデモ本のほうが圧倒的にマーケット的優位を占めているのである。

そのことを、専門家たちは嘆いている。間違った情報が流布している。トンデモ本が多い。予防接種に対する誤解が消えない。テレビでへんてこな情報が蔓延している、、、うんぬん。

しかし、それに対して専門家たちがどこまでその誤解をとく努力をしてきただろう。

少なからぬプライマリケア医は僕の本を読んで、クールに肩をすくめてこう言った。「なんだ、このくらい俺はもう知ってたよ。この本を読んでも特に新しい知見は得られなかったね、ふん」

もちろんそうである。僕はワクチンの開発者ではないし、ワクチン行政にどっぷりつかっている当事者でもない。「だれもが知っているようなこと」しか知らないしがない感染症屋である。たとえば、なぜ、ポリオのワクチンを輸入できないのか、そのブラックボックス的知見があるわけでもない。だから、「だれもが知っているようなこと」を書いた。

問題は、その「誰もが知っているようなこと」を一般市民はほとんど知らないということである。そして、大多数のプライマリケア医は「一般市民は予防接種について正しい知識を持たず、デマやガセネタばかり信じている。マスメディアは誤解を与えるような情報を流してあおり、その上、、うんぬん」という怨嗟の声を上げるのである。

だから、僕はなんとかがんばって工夫して、僕の本のほうが「なんたらワクチンはいらない」よりも人口に膾炙するよう、しがない努力をしているのである。

それをドンキホーテ的だと嗤うのは簡単だ。自分でもまあ、ラスコーリニコフというより、ジャン・クリストフというより、ムルソーというより、ドン・キホーテであろうと思う。僕はそのことをよしとしているし。しかし、本来ならば愚かなドン・キホーテが孤軍奮闘しなくても良いように、「このくらい俺は知ってたよ」とのたまう方々、僕以上の英知をもった人たちは、そうおっしゃるのなら、パブリックに対してワクチンについて、何か口にしたって良いのではないか、、、なんて僕は思うのである。

コンサルテーション・スキルようやくアップ

コンサルテーション・スキルがようやく楽天やアマゾンにでてきました。ただ、イメージがまだついていません。来年は医学教育、医療倫理、タイムマネジメントについてももすこし深く考えてみたいです。タイムマネジメントについては今年は大きな発見がありました。月並みで定型的で凡庸でぱっとしませんが、「急がば回れ」でした。



Book コンサルテーション・スキル

著者:岩田 健太郎
販売元:南江堂
Amazon.co.jpで詳細を確認する



【送料無料】コンサルテーション・スキル 【送料無料】コンサルテーション・スキル

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する




 コンサルテーション・スキル‐他科医師支援 コンサルテーション・スキル‐他科医師支援
販売元:セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)で詳細を確認する

日本内科学会雑誌 12月号 診療ガイドラインをめぐって

福井次矢先生の編集による特集です。僕も感染症について書いています。↓の本の総論的記述をまとめただけですけど(これをまとめてしゃべったのが去年の化療学会の教育講演です)。

日本と外国のガイドラインを比べるとどうか?というベタな企画だったのですが、そのまま書くとつまらないので、「日本と外国どっちがよいか」ではなく「よいガイドラインと呼ばれる条件はなにか」を主眼にしてまとめました。ぜひ読んでみてください。

対談で、福井先生が「今日の治療指針」も将来的には、エビデンスに基づいたものに、、、とコメントされてます。同意。僕も今年書いてみて驚いたのだけど、参照文献ゼロというのが執筆規定でした。今どきこんな編集でよいのか?と思います。電子版もあるのだから、リッチなテキスト、リッチな引用文献はポータビリティーに矛盾しないはずなのに、、、、この本を読んでいるドクターはとても多いので、その量に見合った質をもっと担保すべきだなあ。

感染症診療ガイドライン総まとめ Book 感染症診療ガイドライン総まとめ

販売元:総合医学社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


コンサルテーション・スキル 他科医師支援とチーム医療(新刊)

収穫の季節は続く(しつこい、、、)。

 コンサルテーション・スキルがようやく書籍となりました。ボーナスの大曲貴夫先生との対談も載っています。

 外来、検査、入院管理に加えてコンサルト。一所懸命仕事をしているのに、あの専門医はなぜプライマリケア医の怒りを買ってしまうのか。あっちのスペシャリストにどうして救急医が困惑しているのか。なぜあっちのドクターは執拗に研修医に避けられているのか。

 専門医がその専門性をフルに発揮し、チームの中で他科の医師に、そして患者にそのスペシャリティーが最大限に活かされるのか。具体的なスキルと理論が満載です。また、逆に専門医を呼ぶ立場に立ったドクターにも有益な情報がたくさん詰まっています。プレゼンスキルやタイムマネジメントにも、ぜひどうぞ。

↓ここからオーダー可能です。
http://www.nankodo.co.jp/wasyo/search/syo_syosai.asp?T_PRODUCTNO=2264071

 コンサルテーション・スキル‐他科医師支援 コンサルテーション・スキル‐他科医師支援
販売元:セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)で詳細を確認する

頭が毒入りリンゴ、書評

一般総合診療外来ではかぜ、かぜ、下痢、下痢と冬らしくなってきた。

「頭が毒リンゴになったわかものと王国の話」の書評が書かれている。ジュンク堂書店、大好きです。ありがとうございます。(ジュンク堂が好きなのは本当です。どこもだいたい品揃えはよいし、たくさん買ったら丈夫な袋をくれるし)

http://junkudo.co.jp/detail.jsp?ID=0112146528

今見たらアマゾンで絵本383位(瞬間風速ですが)。素人にしてはよくがんばっていると思います。感謝、感謝。ワクチンの本は全体で224位、新書では10位で(まあこちらも瞬間風速ですが)、こっちは自分の守備範囲、専門の本なので予想通りです。こちらもありがとうございます。思えば僕が生まれて最初に出した本が新書なので、久しぶりで感慨深いです。

でも今は感謝を込めてジュンク堂のリンクにしておきます。

http://junkudo.co.jp/detail.jsp?ID=0112189809 こっちがワクチンの本

http://junkudo.co.jp/detail.jsp?ID=0102807808 こっちは最初に出したバイオテロの本。僕はファンダメンタルな匿名批判者(ただしプロに限定)ですが、このときは事情あってペンネーム。あのときは形式的にも実際的にも精神的にもアマチュアだったということだと思います。

予防接種は「効く」のか? ワクチン嫌いを考える

というわけで、予防接種を再考しました。もしよかったら手にとって読んでみてください。今までのワクチン本が書かなかったような言葉で書いてみました(つもり)。発売は16日です。

ちなみに、この日曜日は近畿医学検査学会で「インフルエンザを考え直す」と題してお話しします。この本で取り上げているインフルエンザワクチンの話もします。治療薬の話もします。検査の話は??しましょうね、やはり。奈良とその周辺の皆さん、ぜひおいでくださいませ。

予防接種は「効く」のか? ワクチン嫌いを考える Book 予防接種は「効く」のか? ワクチン嫌いを考える

著者:岩田健太郎
販売元:光文社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「街場のメディア論」おすすめの文章

 僕もうっかりしていけなかったのだけど、「朝日新聞社」と「朝日新聞」はきちんと区別しなければならない。あいまいな文章が多かったので、反省して今後区別します。

 僕は今後「メディカル朝日」に文章を出すかどうか(言い換えれば「メディカル朝日」を「朝日新聞」と同じものと認識するか)、ここのところ長い時間をかけて編集さんと対話を重ねてきた。その結果、「メディカル朝日」の真摯な対応を得て今に至っている。詳細は公にはできないけれど、そういうことである。

 その「メディカル朝日」12月号にお奨め本の紹介欄があり、「街場のメディア論」を紹介している。この本を新聞者の雑誌で褒めても大丈夫なのかしら、と思ったら案外大丈夫だった。メディア・パッシングについては、今月出る『予防接種は「効く」のか? ワクチン嫌いを考える』(光文社新書)でも、その先に出る新著でも扱っています(もうすっかり冬だけど、収穫の季節は続く)。よかったら読んでやってください。

「街場のメディア論」 内田樹 光文社

 「正義の側に立つ」メディアに僕らが翻弄されるようになって久しい。しかし、「メディアがけしからん」と断罪しても意味がない。なぜなら、そのような「○○がけしからん」という語り口そのものが、メディアそのものの語り口であるからである。ミイラ取りがミイラになってはいけない。
 「自分が言わなくても誰かが代わりに言いそうなこと」よりは「自分がここで言わないと、たぶん誰も言わないこと」を選んで語る方がいい。我々はメディアのふわふわした言説にまず口をつぐむことから始めたい。そして自分の「ことば」を編み上げるのだ。

【送料無料】街場のメディア論 【送料無料】街場のメディア論

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

この絵本で描きたかったこと?

本書のメッセージはなんですか?と聞かれて困ってしまう。

メッセージはあるようで、ない。ないようで、ある。

読み手が受けた印象そのものがメッセージ(として受け止められるもの)なので、各々好きなように読んでいただいて良いと思うんですね。社会風刺として読みたければ、それでよいし、ナンセンスな不条理ストーリーと感じたらそう読んでもよいんじゃないか。何かメッセージを出したくて絵本を描いたのではなくて、どうしても絵本が描きたかったから、他にやりようがなかったので描いたのでした。そこに見えるロールシャッハ的シルエットにメタファーを見いだしたい人は見いだしても良いし、そうでない場合はそうでなくても良いと思う。リンゴになるのがなぜいけないの?と問われれば、「そうだよね、なんでリンゴになるとダメなんだろ」と僕も不思議に思う。そこはうまく説明できないし、だから本文でも説明していないです。

 この絵本は、こういうメタファーを内意しており、こういうメッセージの本ですよ、と一言で言えれば何も苦労して絵本を作る必要はないのですね。僕が希望するのはだから、どのような受け止め方をされても良いから、一度手にとって開いてみてほしいな、、、、ただそれだけです。やっとアマゾンでも絵が入りました。

頭が毒入りリンゴになったわかものと王国の話 Book 頭が毒入りリンゴになったわかものと王国の話

著者:岩田 健太郎
販売元:中外医学社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


 

毒入りリンゴの絵

絵本、「頭が毒入りリンゴになったわかものと王国」の絵はこんな感じです。

http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4498048008.html

アマゾンでも楽天でも「絵なし」でしたが、紀伊国屋にはありました。絵のない絵本なんて誰が買うの?(涙)

頭が毒入りリンゴになったわかものと王国の話

秋は収穫の季節である、その2.

1年以上かかりましたが、絵本を書きました。いやいや、本当に世に出せるとは思いませんでした。こどもから大人まで、ぜひ手にとって読んで欲しいと思います。すてきな絵を描いてくださった土井由紀子さんに感謝、感謝です。

収穫の季節は続く。

【送料無料】頭が毒入りリンゴになったわかものと王国の話 【送料無料】頭が毒入りリンゴになったわかものと王国の話

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

より以前の記事一覧

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ