最近のトラックバック

clinical problem solving

本日のMGH 29歳女性猫に噛まれて熱。猫も発症

これ、前にもやったことがあった。診断そのものは時間をかけず、動物由来の感染ネタが議論された。勉強になったなあ。

http://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMcpc1007103

猫がなる感染症

猫が人に起こす感染症(本当はもっとあるけど、、、、)

猫はペストを発症するか?

薮入り(なんでここにこれが入るかというと、、、、それは言わぬが花)

猿が起こす感染症

日本にBウイルス(Cercopithecine herpesvirus 1)はあるか?

今週のMGH 60歳女性、左耳難聴と痛みが5ヶ月

今回は鑑別診断は挙げられましたが、バックにある根拠については難しかったです。勉強になりました。いやあ、難しい。皮膚科、眼科、耳鼻科などのいわゆるマイナー領域のケースはときどき勉強しておくことが大事だと思いました。

56歳男性、咳と皮疹

MGHケース。診断そのものは楽勝だが、アプローチとしては教育的で学生にはとてもよいケース。

http://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMcpc1003888

22才女性、右目が見えなくなり、おしっこが、、、、(本日のMGH)

とても勉強になった今回のケース。毎週これを英語でやって、ちからをつけるのだ(たぶん)。

本日のケース

本日はMGHではなく、インタラクティブケース。基本的なアプローチだったが、学生には有益な教育的ケースだった。それにしても、NEJMってどうしてこんなにお金あるんだろ。

http://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMimc1004455#figure=preview.jpg

昨日の診断学のレクチャーと本日のMGH

初期研修医と学生向けの診断学のレクチャーはこれがネタ。痛みを訴える患者の鑑別のアプローチを学んだ。


本日はO先生のケースプレゼン。教育的でした。ただ、徳田安春先生もご指摘でしたが呼吸数が記載されていなかったり、絨毯爆撃的に無駄な検査が多かったりで、MGHの基準から考えると、、、という気もした。

今週のMGH

3ヶ月研修を本日終了するU先生の発表。難しかったです。お疲れ様でした。

本日のMGH

http://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMcpc1000968

プレゼンは咀嚼して自分の言葉でしゃべらなければならない、単なる翻訳、朗読ではだめ、という話をした話

本日のケース

clinical problem solvingより。結構手強かったですが、ちゃんとアプローチできた。勉強にもなりました。ダリエってだれ??ってこうやって中年まっしぐら。

http://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMcps0708369

本日のclinical problem solving

こちらもMGH同様、面白いです。短期研修のK先生がプレゼンしてくれました。3ヶ月研修するとかなり力がつくので、皆様もぜひチャンレンジしてください。

http://content.nejm.org/cgi/content/extract/358/14/1496

あと、ついでに今週のイメージも良かったです。

http://content.nejm.org/cgi/content/full/362/6/e15

より以前の記事一覧

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ